がん遺伝子治療の流れ

私たちの身体は、約60兆個の細胞からできおり、その細胞は遺伝子によって細胞分裂の回数や周期がプログラミングされています。細胞はあらかじめ決められた回数の細胞分裂を行うと老化し、やがて自然死します。それにより、私たちの身体は正常に機能しているのです。その遺伝子が変異して無限に増殖するようになったものが「がん細胞」です。

相談を受付

一般社団法人日本遺伝子治療医学研究会(JGT)にて相談を受付けます。

  
2コーディネーターが簡単な説明と医療相談

担当のコーディネーターが簡単な説明     と医療相談、医療費相談(公的支援、公的助成のサポート相談)などをお受けします。    

医療機関をご紹介

JGTが認定、提携する医療機関を紹介します。

医療機関でセカ ンドオピニオンやインフォー ムドコンセント

医療機関でセカ ンドオピニオンやインフォー ムドコンセントをおこないます。

治療の同意と支払い

がん遺伝子治療に同意していただけたら同意書にサインをしてもらい治療タンパクの費用やJGT研究費などを    お支払い(振込)いただきます。

治療計画・事前検査

医療機関で、治療計画を立て事前の検査などを行います(各医療機関でのお支払です)

療開始1クール5回

治療は、点滴による場合、5回の点滴で1クールになります。    点滴の治療費は各医療機関でのお支払いになります。

遺伝子治療後、効果判定検査と継続可否説明同意

1クール終了後に治療効果の判定を目的とした検査を行います。

重要

重要1:この遺伝子治療は研究段階です。延命や完治を保障できる段階ではありません。また、希望する全ての方が受 けられる訳ではありません。治療を受ける場合事前の説明を受け理解し承諾して下さい。 重要2:治療タンパクは未承認薬であるために全て自由診療になり個人負担です。また治療タンパクはー80度の超冷    却化で保管しているためまた長期保管ができません。このため一旦1クール分の治療たんぱくを購入した場合    は返却できません。またその費用も返却できません。 重要3:がん遺伝子治療費用は、医療機関や投与法によりことなりますが。治療開始前に説明を受けて確認して下さい。